カタログ請求/お問合せ取扱説明書文字のサイズ小中大English中文
 
国際化工株式会社 マルケイmellina
ホーム > 採用情報 > 人事教育制度
   

人事教育制度

   
人事制度のフレームワーク

国際化工の社是は、「常に地球的視野に立ち人々の要望に応え、より良き品を、真心込めて社会に供給する」ことです。この目標を実現する上で一番の原動力となるのが人材であり、当社の人事制度では、個人の自由と柔軟性を重視し、各自が自分に合ったペースで成長を続けることができるよう、キャリア開発の機会を提供しています。また、評価の仕組みは、年齢に関係なく、能力+成果主義をベースとし、1名の被評価者に対し2名の評価者が割り当てられ、両者との十分なやり取りを通して、公正に評価されます。

 

キャリア当社の人事制度は、「昇格評価」「昇進評価」「給与制度」「研修制度」「資格奨励制度」の5つの要素から構成されています。「昇格評価」では該当キャリアにおける習熟度を、「昇進評価」では役職者としての能力が問われます。この二つの評価により、当社におけるキャリアが形成され、このキャリアに対する報酬を規定したものが「給与制度」になります。

 

「研修制度」と「資格奨励金制度」は、社員の自発的なキャリア開発をサポートすることを目的とした制度であり、積極的に活用することで自分が必要とする分野に関する知識を、自分にあったペースで身につけることができます。



研修制度と新入社員研修

当社の研修制度では新入社員から役員まで、階層に応じて対応する研修(社外及び社内研修・海外研修・通信教育等2017年度230コース)を職種別に定められ、一定の条件を満たしていれば自由に受講することが可能になります。研修予定は社内システムを通じて定期的に情報発信されるため、社員はプロフェショナルになるための効果的なキャリア開発計画を立てることができます。

 

新入社員は、入社後約1ヶ月間、座学や工場現場体験研修を通じて、当社の社員として最低限必要とされる基礎的な知識・マナーそして技能を習得します。5月以降はOJTが中心となり、実践豊かな先輩社員が個々人に応じ指導します。入社半年後には基礎研修会を実施し、更なる成長のための知識や技能等を学ぶことになります。

 

【新入社員研修】
新入社員研修

   
上へ