カタログ請求/お問合せ取扱説明書文字のサイズ小中大English中文
 
国際化工株式会社 マルケイmellina
ホーム > 工場見学 > プラスチックの種類と性質
   

プラスチックの種類と性質

   
●プラスチックの種類と性質

プラスチックとは

プラスチック用語(JIS K 6900)によれば「高分子物質を主材料として、人工的に有用な形状に形作られた固体を言います。ただし、繊維・ゴム・塗料・接着剤などは除外される」と定義されています。

プラスチックの種類

メラミン樹脂成形材料 今日使われているプラスチックは約80種類以上あります。この内、一般的に使用されているのは約30種類程で、家庭用品品質表示法の指定樹脂は23種類です。

プラスチックの性質

熱に対する反応から2種に大別されます。

種 類 特 徴 主な樹脂名 丈夫さ 耐熱性 硬 さ 重量感 質 感
熱硬化性
樹脂
・卵のように熱を加えると硬化する。
・硬化した後は熱を加えても再び柔らかくならない。
メラミン樹脂
フェノール樹脂
FRP
熱可塑性
樹脂
・ バターの様に熱を加えると柔らかくなり、冷やすと固まる。
・ 再び熱を加えると柔らかくなる。
ポリプロピレン × ×
シクロオレフィンポリマー
*ポリカーボネート
*ポリアミド
ポリエチレンテレフタレート
ポリブチレンテレフタレート
*ポリエーテルサルホン
ABS樹脂
*エンジニアリングプラスチック
一般に使用される<汎用樹脂>と区別され、強度・耐熱性・耐薬品性などを高めた高機能樹脂で、金属と同じくらい強い樹脂も開発されている。

石油化学製品の流れ おもなプラスチックの特色とご使用上の留意点
●プラスチックの長所と短所

長 所

軽い、腐らない、強度がある、自由に形作れる、寸法精度に優れる、耐薬品性が良い、電気特性が良い

短 所

熱に弱い、表面硬度が低く傷つきやすい

上記はプラスチック(合成樹脂)を知る上での一般的な特性です。
80種類以上の色々な特性を備えた原料があり、各々の特徴を知った上で、使用することが大切です。長所が短所になる場合もあります。(例:腐らない→廃棄物処理や環境汚染の問題)


●プラスチックの成形方法

米粒のような小さい粒(ペレット)や粉(パウダー)のような材料を、加熱して軟化させ、金型の中に入れたり金型から押し出したりして形を作ります。寸法精度に優れ均一で、また複雑な形状のものも、多量に造ることができます。

■圧縮成形法

主に熱硬化性樹脂:コンプレッションモールディング
鯛焼きと同じ原理。合わせ部にバリがでる
原料を高温の金型に入れ、加熱・加圧して固める

■射出成形法

主に熱可塑性樹脂:インジェクションモールディング
液を押し出す注射器の様な原理。ヘソがある
溶融された原料を金型の中に射出して固める

■その他

トランスファ成形・積層成形・押出成形・吹込成形・熱成形など

   
上へ