カタログ請求/お問合せ取扱説明書文字のサイズ小中大English中文
 
国際化工株式会社 マルケイmellina
ホーム > 工場見学 > 製品のリサイクルについて
   

製品のリサイクルについて

   

プラスチック製食器のリサイクル

プラスチック製品のリサイクルでは、分別回収の方法、処理費用負担や処理技術上の問題などで、製品を回収しても、再利用されているのは未だ一部に過ぎません。しかし、環境保護、資源活用といった課題に対し、国際化工は、できることから積極的に取り組んでいます。
●リサイクルとは

プラスチック製食器も一般の製品同様、その使命を果たしてもはや使えなくなった後は廃棄処分されることになります。プラスチックは石油を原料としてできたものであり、このかけがえのない石油という限られた資源を無駄遣いしないためにも、また、廃棄物による地球環境の汚染を増長させないためにも、製品の廃棄処分は単なる焼却や地中への埋立ではなく、リサイクル(再資源化処理)によって再び私たちの生活に役立てて利用する努力が望まれます。

●リサイクルの種類

1)マテリアルリサイクル、2)ケミカルリサイクル、3)サーマルリサイクルの3つの方法があります。メラミン食器、ポリプロピレン食器、ポリカーボネート食器などそれぞれのリサイクル方法を整理すると下記表のようになります。

マテリアルリサイクル:廃品を溶融して二次製品を成形したり、破砕粉砕し直接又は、他の物質と混合して再利用します。ケミカルリサイクル:廃品を熱分解してガスや油に変え、燃料にしたり化学工業原料として再利用します。サーマルリサイクル:廃品を固形燃料の材料としたり、燃やして発生するエネルギーを電気や熱として活用します。

プラスチック製食器のリサイクル

資料:プラスチック製食器 そして安全と安心(日本プラスチック日用品工業組合・プラスチック製食器協議会編)
  メラミン樹脂 ポリプロピレン ポリカーボネート
マテリアル
リサイクル
・サンドブラストショット材
粉砕し塗料の剥離や金型の洗浄などに粉砕したメラミンを吹き付けて使用
・再生品の成形
各種杭、集水ます、各種標識、マンホールのふた、擬木、柵、ベンチ、花壇緑、プランター、排水パイプ、支柱、ポリ鉢、盆栽回転台、苗床あぜシート、U字溝、漁礁、電柱保護板、パレット、コンテナ、車止めなど
・再生品の成形
L字ステップ、ヘアードライヤーのカバー、玉入れ箱など
・粉砕原料
粉砕・袋詰めし原料として輸出
ケミカル
リサイクル
  ・熱分解油化 ・熱分解油化
サーマル
リサイクル
・焼却時の熱回収 ・焼却時の熱回収
・固形燃料
・焼却時の熱回収

メラミン樹脂、ポリプロピレン、ポリカーボネート、FRPは、焼却しても、ダイオキシン類の様な有毒ガスの発生はなく、焼却後の灰にも有害物質は含まれません。

●当社のリサイクルへの取り組み

平成3年より、お客様のご使用済み食器の引き取りを実施し、リサイクルに取り組んでいます。ご使用済製品の引き取りの詳細は「製品引取りの流れ」をご参照下さい。

一般的な材質別リサイクル方法

メラミン食器など熱硬化性樹脂製品

粉砕し、塗装の剥離、下地処理や、金型の洗浄に使うサンドブラストショット材の他に、壁用建材や他樹脂の物性改良材として混入し再利用できます。

ポリプロピレン食器など熱可塑性樹脂製品

粉砕増量をし、再生原料として輸出されたり、植木鉢やコンテナに製品リサイクルされています。

FRPトレーなどガラス繊維入り樹脂製品

セメント工場などで熱源として利用され、さらに燃焼後の灰(ガラス繊維等)は、セメントの原料として利用可能です。

強化磁器製品

粉砕して、陶器原料に混ぜてリサイクルすることが可能です。

平成21年、国際化工では、製品ご使用先や、再生業者、材料メーカーのご協力を得て、使用済みメラミン製品のリサイクルシステムを開発。エコマーク認定を受けたエコメラミン製品(ミナモエコエコメラミン 亀甲椀モノクローム エコブラックPDF)が誕生しました。

ご使用済み製品引取りと処理の流れ

また、年々高まる環境配慮への意識を反映し、分別ゴミ箱、ディスペンサー、スタンキャップなど環境にやさしい製品の開発にも積極的に取り組んでいます。省資源、ゴミ減量などに役立つ製品を取り揃え、ホテルなどの業務用だけでなく家庭用でも数多くご採用頂いています。

アーチボックス
アーチボックス
環境問題に対応したセパレートタイプの分別ゴミ箱。手軽に導入できるエコロジーへの貢献策です。
ソープディスペンサー
ソープディスペンサー
資源保護の動きに対応。詰め替え式のポンプ容器に、他の製品とコーディネートできるアウターカバーをつけました。
スタンキャップ
スタンキャップ
繰り返し使えるので、省資源でゴミ減量にも役立ち、経費節減にも貢献。裏返せばコースターにも。

製品の材料調達から、廃棄、リサイクルにいたるまで、ライフサイクル全体を通して排出される 温室効果ガスの量をCO2に換算して表示するCFP(カーボンフットプリント)プログラム。低炭素社会に向けたこのプログラムに、国際化工は積極的に取り組んでいます。一部学校給食用食器で、認証を受けています。詳細は CFPプログラム別ブラウザをご参照ください。


   
上へ