カタログ請求/お問合せ取扱説明書文字のサイズ小中大English中文
 
国際化工株式会社 マルケイmellina
ホーム > 工場見学 > メラミン樹脂製品の製法 > 金型と成形機
   

メラミン樹脂製品の製法

   
●金型と成形機
圧縮成形用金型
[ 圧縮成形用金型 ]
圧縮成形機(中央)とプレヒーター(左)
[ 圧縮成形機(中央)とプレヒーター(左) ]

メラミン樹脂成形材料に、熱と圧力を加える圧縮成形法(コンプレッションモールディング)で、メラミン食器は成形されます。型の中にメリケン粉を流し込んで鯛焼きを焼くのと、原理が似ています。粉状の成形材料を、雌雄一対の金型の空洞部に入れた後、型締めをして温度(160〜170度)と圧力(150〜200kg/cm2)を加え、一定時間後に金型空洞部の形に硬化した成形品を取り出します。熱硬化性樹脂の成形では、この方法が一般的に用いられ、当社では、24時間無人で稼働する全自動成形機も稼働しています。

成形材料
秤量・タブレット
高周波予熱
ホイル
金型と成形機
成 形
ストービング
バリ取り
バフ仕上げ
検査・包装・入庫
前のページへ製法のトップへ戻る次のページへ
   
上へ