カタログ請求/お問合せ取扱説明書文字のサイズ小中大English中文
 
国際化工株式会社 マルケイmellina
ホーム > 工場見学 > 熱可塑性樹脂製品の製法
   

熱可塑性樹脂製品の製法

   
●用途、設備環境などを考え、最適の素材を食器に

質感、使い勝手、設備環境など、様々な条件のもとで最適素材の食器を提供するために、メラミン食器など熱硬化性樹脂製品以外にも、学校給食用食器や保温食器としてポリプロピレンやCOP、お箸ではPBTやPET・ナイロン、漆器下地のABS樹脂、タンブラーやサラダボールでは透明なポリカーボネートなど汎用樹脂からエンプラまで、熱可塑性樹脂製品も幅広く製造しています。

●熱可塑性樹脂製品の製造工程(インジェクションモールディング)

製造工程フロー図

アニメーションで確認


熱可塑性樹脂製品は、射出成形法(インジェクションモールディング)により成形されます。最も一般的なプラスチック製品の成形方法で、使用する射出成形機はインジェクションとも呼ばれます。注射器の本体部分のようなシリンダー内で、熱を加え溶解させたペレット(樹脂)を、注射するように押し出して金型の中に注入(射出)し、冷却固化させ成形します。
金型内へ樹脂を注入するための小さな筒(スプルー・ランナー)が成形品にくっついた状態で取り出されますので、これを取り除きます。この跡(ゲート)は、必ずどこかにありますが、一般的には、製品外側の中央部にあります。金型合わせ部にはみ出す無駄な材料(バリ)は、ほとんど出ませんので、この仕上げは普通必要ありません。

射出成形機 金型と取り出し機
[ 射出成形機 ] [ 金型と取り出し機 ]
●素材に応じ最適な方法で行う入念な絵付け

メラミン樹脂のグレーズコーティングに対し、COPやPPはサンドイッチ成形法*で絵付けをします。メラミン食器ほど絵付けを自在にはできませんが、絵柄を印刷した薄肉の半透明製品(一次成形品)を、再度金型内へ入れ、その上へ本体樹脂を成形し絵柄を包み込んでしまう方法で、絵柄が剥がれない製品を作ることが出来ます。絵柄の剥がれや変色、色落ちの心配がなく、美しさを長期間保ちます。


サンドイッチ成形法

* 内子の外面に印刷された絵柄を、ベース樹脂との間にはさみ込むサンドイッチ成形法。

   
上へ